ニュース

ルイーズ・グリュックのwiki風プロフィールは?結婚した夫や子供は?

今回は、ノーベル文学賞を獲得したルイーズ・グリュックさんの

 

wiki風プロフィールや

経歴や高校・大学などの学歴

 

結婚した夫や子供に関する情報

 

などなど…ルイーズ・グリュックさんについて書きました。

スポンサーリンク

ルイーズ・グリュックのwiki風プロフィールは?

引用:https://twitter.com/news_line_me/status/1314168175848611840?s=21

ルイーズ・グリュックさんのwiki風プロフィールですが

 

  • 名前:ルイーズ・エリザベート・グルック
  • 生年月日:1943年4月22日
  • 出身地:アメリカ・ニューヨーク生まれ、ロングアイランド育ち
  • 職業:詩人・エッセイスト・イェール大学の非常勤教授
  • 兄弟:生まれる前に亡くなった姉と妹がいてる

 

 

以上が、ルイーズ・グリュックさんのwiki風プロフィールになりますね。

スポンサーリンク

ルイーズ・グリュックの経歴は?

引用:https://twitter.com/news_line_me/status/1314168175848611840?s=21

ルイーズ・グリュックさんの経歴ですが

 

幼い頃から、両親にギリシャ神話、ジャンヌダルクの伝説といった古典的な物語の教育を受ける

 

1961年、ジョージ・W・ヒューレットを卒業

高校時代に神経性食欲不振症に悩まされていたが、後に克服する

 

サラ・ローレンス大学とコロンビア大学に通うも、卒業はしなかった

高校時代の病気の影響で、大学生としてではなく、詩の勉強の為、「学びに行っていた」

大学では、レオニー・アダムスさんとスタンリー・クニッツさんに師事し、「私の詩人としての成長には、欠かせない重要な指導者だった」らしい

 

マサチューセッツ州のウィリアムズ大学で英語の教授などを務める

 

1968年、最初の詩集「死産」を出す

 

その後、作家以外に、数々の機関で詩の教師としてのキャリアを積む

 

1999年、 ルイーズ・グルック アメリカ詩人アカデミーの首相に選出

2000年、特別200周年コンサルタントを3年間務める

2003年〜2004年、米国議会図書館の詩のコンサルタントである米国の詩人受賞者の地位に任命される

 

上記以外の経歴や職歴ですが

全米芸術基金フェローシップ(1970年)
グッゲンハイム創造芸術フェローシップ(1975年)
全米芸術基金フェローシップ(1979年)
アメリカ芸術文学アカデミー賞(1981年)
グッゲンハイム創造芸術フェローシップ(1987年)
全米芸術基金フェローシップ(1988年)
ウィリアムズ大学名誉博士号(1993年)
アメリカ芸術科学アカデミー、選出メンバー(1993年)
バーモント州詩人(1994年~1998年)
ミドルベリー大学名誉博士号(1996年)
アメリカ芸術文学アカデミー、選出会員(1996年)
ラナン文学賞(1999年)
人文・芸術・社会科学部創立50周年記念メダル(2001年)
ボーリンゲン賞 (2001)
米国詩人賞受賞者(2003年~2004年)
アカデミー・オブ・アメリカン・ポエッツのウォレス・スティーブンス賞(2008年)
エイケン・テイラー現代アメリカ詩賞(2010年)
アメリカン・アカデミー・オブ・アチーブメント、選出メンバー(2012年)
アメリカ哲学協会 選出メンバー(2014年)
アメリカ芸術文学アカデミー 詩のゴールドメダル(2015年)
国民栄誉賞(2015年)
トランストロマー賞(2020年)
ノーベル文学賞(2020年)

 

以上が、ルイーズ・グリュックさんの経歴になりますね。

ルイーズ・グリュックの結婚した夫や子供は?

引用:https://twitter.com/news_line_me/status/1314168175848611840?s=21

ルイーズ・グリュックさんの結婚や子供に関する情報ですが

 

  • 結婚と離婚を2度経験してる
  • 息子がいてる

ジョン・T・ドラノウ、しかし彼らは後に離婚した。夫婦にはノアという息子がいました。

引用:https://ja.vashikaranladyastrologer.com/louise-gluck-biography

 

以上が、ルイーズ・グリュックさんの結婚や子供に関する記事ですね。

スポンサーリンク