ニュース

古川真人(作家)の経歴や出身高校・大学などの学歴は?

今回は、第162回芥川賞を獲得された古川真人さんの

 

出身地などのプロフィールや

出身高校・大学などの学歴

幼少期から現在までの経歴

 

など…古川真人さんとは一体どんな人なのか?について書きました。

スポンサーリンク

古川真人(作家)の出身地などのプロフィールは?


古川真人さんのプロフィールですが

  • 名前:古川 真人(ふるかわ まこと)
  • 生年月日:1988年7月29日生まれ
  • 出身地:福岡県福岡市出身・神奈川県横浜市在住

 

以上が、古川真人さんの出身地などのプロフィールになりますね。

古川真人さんの母親は長崎県平戸市・的山(あづち)大島出身で、現在もおばあさんが住んでるそうですね。

古川真人(作家)の出身高校・大学などの学歴は?

古川真人さんの学歴ですが

第一薬科大学付属高等学校→國學院大学文学部中退

第一薬科大学附属高校ですが

  • 偏差値:37〜41
  • 芸能コースがある学校
  • 氷川きよしさんやチャゲ&飛鳥さんやスザンヌさんなどが卒業生

と言った感じの学校になります。

ちなみに、

最初の一学期でクラスメイトの十人近くが退学するようなやんちゃな高校

だったみたいですね…

 

以上が、古川真人さんの学歴になりますね。

スポンサーリンク

古川真人(作家)の経歴は?

古川真人さんの経歴ですが

 

幼少期は、近くに親戚がたくさんいた為、親戚のおじいちゃんやおばあちゃんとよく遊んで育った

中学時代は、マクドナルドで注文が出来ないほどに人と話すのが苦手だった

中学3年生、三島由紀夫「仮面の告白」に出会い文学を意識し出す

高校で、文芸サークルに入部し、初めて小説を書く

高校3年生、すばる新人賞に応募する

大学時代は、近代日本文学研究会に入り、部活に熱中しすぎてしまい…3年に進めず中退する(大学の在籍期間は、4年

大学を中退後、6年ほどはひたすら寝転がっているような生活を過ごしてたらしい
この頃は、酔っては鬱屈が爆発してたんだとか

2016年、「縫わんばならん」第48回新潮新人賞受賞する

2016年、「縫わんばならん」にて第156回芥川龍之介賞候補になる

2017年、「四時過ぎの船」で第157回芥川龍之介賞候補になる

2017年、「四時過ぎの船」で第31回三島由紀夫賞候補になる

2019年、「ラッコの家」で第161回芥川龍之介賞候補になる

2020年、「背高泡立草」で第162回芥川賞を獲得する

 

以上が、古川真人さんの経歴になりますね。

 

ちなみに、大学卒業後の6年間についてですが

  • 6年間の後半は隠居した爺さんの様だった
  • 就職活動・アルバイトを一切していなかった
  • 「これから自分はどうなるのだろう?」と考えてた

と言った感じだったみたいですね…

スポンサーリンク