ニュース

古井由吉の娘や嫁(妻)の名前や年齢などは?

今回は、82歳で天国に旅立たれた古井由吉さんの

 

死因についてや

娘さん・お嫁さんの名前や年齢などの情報

 

について書きました。

スポンサーリンク

古井由吉の死因は肝細胞がん?

まずは、古井由吉さんの死因ですが

古井由吉(ふるいよしきち)さんが18日午後8時25分肝細胞がんのため東京都世田谷区の自宅で死去した。

2020年2月18日20時25分に、82歳肝細胞がんで天国に旅立たれた様ですね・・・

ちなみに、肝細胞がんですが

肝細胞がんは、肝臓の細胞ががん化して悪性腫瘍になったものです。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、炎症やがんがあっても初期には自覚症状がほとんどありません。

肝細胞がんが進行した場合は、腹部のしこり・圧迫感、痛みなどを訴える人もいます。

と言った感じの病気の様ですね・・・

古井由吉の娘や嫁(妻)の年齢や名前などは?

古井由吉の娘さんやお嫁さんの情報ですが

 

お嫁さんの名前は、睿子(えいこ)さん

 

になりますね。

2018年5月23日の『産経新聞』のインタビューにて

 

1970年3月頃、立教大学を退職して作家に専念された時の事を語られてて…

すでに商業誌から小説の依頼もあったし、大学紛争にも嫌気がさして大学を辞めたんです。当時の物価からみれば原稿料もそんなに安くはなかった。とはいえ単行本(の自著)は1冊もないし商業誌に載ったのも2作だけ。妻と幼い娘が2人いる。そんな32歳の自営業なんて、いい度胸ですよ。大学を辞めてから娘を連れて通った団地の公園で、ふっと顔を上げるとたくさんの窓が自分を見下ろしている。

と言った感じで、娘さんについて語られていました。

  • 娘さんが2人いてる
  • 1970年3月頃の時点では娘さんは幼い年齢だった

と言った部分から考慮すると…

娘さんは50代後半ぐらいの女性では?と予想しますが…実際は不明ですね・・・

 

以上が、古井由吉さんの娘さんやお嫁さんに関する記事になりますね。

スポンサーリンク