スポーツ

金子祐樹(バドミントン)の画像やwikiは?身長や出身高校などは?

今回は、高橋礼華さんとの結婚を発表されたバドミントン・金子祐樹選手の

 

 

画像や身長・出身地などのwiki風プロフィール

出身中学・高校などや埼玉栄時代の動画

 

戦績・ランキングや使用ラケット

 

 

などなど…バドミントン・金子祐樹選手について書きました。

スポンサーリンク

金子祐樹(バドミントン)の画像や出身地や身長などのwikiは?

引用:https://www.unisys.co.jp/com/sponsors/badminton/team/m/kaneko.html

バドミントン・金子祐樹選手の出身地や身長などのwikiですが

 

  • 名前:金子祐樹(かねこゆうき)
  • 生年月日:1994年7月22日
  • 出身地:埼玉県越谷市
  • 身長・体重:179・71
  • 血液型:O

 

  • 利き腕:
  • 所属:日本ユニシス実業団バトミントン部(2013年4月入社)
  • 趣味:野球観戦

 

ちなみに、金子祐樹選手の使用ラケットのシューズですが

  • ラケット:アストロクス88D/ASTROX 88D(過去はデュオラZストライクを使用)
  • シューズ:ウエーブ ファング プロ

 

となっています。

 

引用:https://badminton-navi.net/player/detail/4349

 

以上が、バドミントン・金子祐樹選手の身長や出身地などのwikiですね。

スポンサーリンク

金子祐樹(バドミントン)の出身中学・高校は?埼玉栄時代の動画は?

引用:https://www.mizuno.jp/badminton/players/unisys/mens/kanekoyuki.aspx

バドミントン・金子祐樹選手の出身高校などのwikiですが

 

出身中学・高校 埼玉栄中学校(2009年卒)→埼玉栄高校(2012年卒)

 

となります。

 

埼玉栄東のバドミントン部ですが

 

中学校:全国中学校大会(男子団体優勝7回)、全日本中学校大会(男女混合団体戦優勝6回)、関東中学校大会(男子団体優勝17回)

高校:男子 インターハイ20年連続出場中、全国高校総体・団体優勝7回、全国選抜大会・団体優勝6回、国民体育大会・少年の部優勝2回、関東大会・団体優勝9回

 

と言った感じでかなり強豪ですね。

 

そんな金子祐樹選手の埼玉栄高校時代の動画ですが

シングル

 

ダブルス

 

以上が、バドミントン・金子祐樹選手の出身高校などのwikiでした。

スポンサーリンク

金子祐樹(バドミントン)の戦績やランクは?

引用:https://badminton-navi.net/player/detail/4349

バドミントン・金子祐樹選手の戦績やランクですが

 

戦績

 

国内試合

’19 全日本総合選手権大会 混合ダブルス 第3位
’19 日本ランキングサーキット ダブルス 優勝
’17 全日本総合選手権大会 ダブルス 第3位
’17 全日本総合選手権大会 混合ダブルス 第3位
’17 日本ランキングサーキット 優勝
’16 全日本総合選手権大会 ダブルス 第3位
’16 全日本社会人大会 ダブルス 第3位
’16 全日本社会人大会 混合ダブルス 第3位
’16 日本ランキングサーキット ダブルス 準優勝
’15 全日本社会人大会 混合ダブルス 準優勝
’15 全日本社会人大会 ダブルス 第3位
’14 全日本総合選手権大会 ダブルス 第3位
’14 全日本社会人大会 ダブルス 優勝
’14 日本ランキングサーキット ダブルス 第3位
’12 インターハイ ダブルス 優勝
’11 全日本ジュニア ダブルス 第3位

 

国際試合

’18 インドネシアオープン ダブルス 準優勝
’18 ドイツオープン ダブルス 優勝
’17 香港オープン ダブルス 第3位
’17 オランダオープン ダブルス 準優勝
’17 ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン ダブルス 準優勝
’17 USオープン ダブルス 優勝
’17 中国マスターズ ダブルス 準優勝
’17 オーストリアオープン ダブルス 優勝
’16 タイオープン ダブルス 準優勝
’16 USオープン ダブルス 第3位
’15 大阪インターナショナルチャレンジ ダブルス 準優勝
’15 中国インターナショナルチャレンジ ダブルス 第3位
’13 ポーランド国際 ダブルス 第3位
’13 ルーマニア国際 ダブルス 優勝
’12 世界ジュニア ダブルス 準優勝

 

 

金子祐樹選手は、リオデジャネイロオリンピック金メダリストの松友美佐選手と混合ダブルスを組まれてて

 

2020年12月26日、「バトミントンの全日本総合選手権5日目」にて
準決勝で、西川選手と尾崎選手にストレート勝ちましたが…

 

最終日の12月27日の混合ダブルス・決勝では

渡辺選手と東野選手のペアと対戦し
第1ゲームを21対11、第2ゲームを21対9で取られ、ストレート負けをしました。

 

そんな、金子祐樹選手のランキングですが

世界ランク 29位(最高位19位) 男子ダブルス7位

 

以上が、バトミントン・金子祐樹選手の戦績やランキングに関する記事ですね。

スポンサーリンク