芸能

加藤万里奈の実家はお金持ち?母親のはとこや妹の友達が凄い!

今回は、デビィ夫人と同居してる口笛奏者・加藤万里奈さんの

 

実家に関する情報

 

母親や妹の動画や名前などの情報

 

などなど…加藤万里奈さんの実家や家族について書きました。

スポンサーリンク

加藤万里奈の実家はお金持ち?母親のはとこが凄い!

引用:https://twitter.com/marinaumauma/status/1057931339603660800?s=21

加藤万里奈さんの実家や母親に関する情報ですが

 

加藤万里奈さんの実家は茨城県水戸市にあり

元々は、片道3時間以上かけ、大学に通学されていました。

 

なので、高校2年時に水戸市の「みとの魅力宣伝部長」に就任されています。

 

 

2015年11月20日の「毎日新聞」の記事にて

  • 「幽霊が寄ってくるから」と言う母親・弓子さんの言いつけにより
    元々、家で口笛を吹く事は禁止されてた
  • 英国の歌手サラ・ブランドマンの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を披露すると、母親は一瞬で口笛のとりこになった

 

と言った事が書かれていました。

それまで、家で口笛を吹くことは禁止だった。「幽霊が寄ってくるから」と言う母の弓子さんの言いつけを守り「一度も吹いたことがなかった」と話す。家の「禁忌」を破ったのはその年の暮れ。上達した口笛の演奏を「どうしても母に聴いてもらいたい」と思い、英国の歌手サラ・ブライトマンの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を披露した。弓子さんは「一瞬でとりこになった」と当時の感動を思い出す。

 

ちなみに、デビィ夫人は加藤万里奈さんの実家に来て、母親と話した
デビィ夫人は、加藤万里奈さんの母親と手紙や電話でやりとりをしてる

 

と言った感じで、母親とデビィ夫人とは親交があるそうです。

 

さらに、母親のはとこ

  • 田口一枝さん
  • 水戸出身でニューヨーク在住の芸術家
  • 有名芸術家・ jim Hodgesさんの作品の製作者の1人、お客にアンジェリーナ・ジョリーさん、ブラッド・ピットさんなどがいてる

 

経歴

主な個展
2017 Llum/Surface Urban Glass Window Gallery (ブルックリン)
2016 Center for the Holographic Arts Summer Museum(ニューヨーク)
2012 ローシュ サイデル ギャラリー(ベルリン)
明治学院大学チャペル(東京)
2008 アルコルコン ガラス美術館(マドリード)
バーモントスタジオセンター レッドミルギャラリー(バーモント)
2007 ドュッセルドルフ ガラス美術館(ドュッセルドルフ)
2004 ギャラリー fila5(マドリード)

主なグループ展
2017 Building Bridges NOT Walls/ Williamsburg Art and Historical Center
(ブルックリン)
Bay Ridge SAW Art Walk展(ブルックリン)
三人展/ ルークグラントンギャラリー(シュネクタディー ニューヨーク)
2016 Newark Arts Council Open Doors Art Festival (ニュージャージー)
MEGA Watts/二人展 カサマヨールギャラリー(アスンシオン)
2015 新所蔵作品とパリ賞の作家たち展/ 女子美術大学美術館
2014 Collision20/サイバーアート ギャラリー(ボストン)
Farewell Extravaganza/Center for the Holographic Arts
(ニューヨーク)
Sky Sphere Migration/ファウンテンアートフェアー(ニューヨーク)
Baby Sky Mountain/Center for the Holographic Art
The Governor’s Island(ニューヨーク)
LIMITS and ILLUSION/グロガーエアーギャラリー(ベルリン)
2013  NYC25/ ウエストウッドギャラリー(ニューヨーク)
2012 (glass) Phantasmogoria/ギャラリーA
(リッチモンド バージニア)
A lapse of absence/グロガーエアーギャラリー(ベルリン)
Lux 光の芸術と科学/コーネル大学 (エシカ、ニューヨーク)
2011 日常・ワケあり展/神奈川県民ホールギャラリー (横浜)
LUMEN国際ビデオ プロジェクションアートフェスティバル
(スタテンアイランド ニューヨーク)
ポーラ早春展/ポーラミュージアムアネックス(銀座)
2010  新作展/レイノールズ ギャラリー(リッチモンド バージニア)
二人展/PS122ギャラリー(ニューヨーク)
レシクラ マドリード/コスモカイシャ科学館(マドリード)
2009  (in)tangible/ボルクアギャラリー(ニューヨーク)
DUMBO/アートフェスティバル(ニューヨーク)
2008  Aquifer展/エディソン ギャラリー(ワシントン)
reflect(s)/レイノールズ ギャラリー(リッチモンド バージニア)
Ethnography of No Place/ローゼンベルグ ギャラリー
(ボルチモア)
グループ展/A.I.R Gallery (ニューヨーク)
2007  二人展/ローシュセイデル ギャラリー(ベルリン)
Young Glass展/エベロフト美術館(エベロフト・デンマーク)
We and Us展/プレイスペース ギャラリー(サンフランシスコ)2006 ピルチュック新進作家展/FRIESEN ギャラリー(シアトル)
ボンベイ サファイア受賞展/Old Truman Brewery(ロンドン)
キャンディダシー展/ギャラリー5(リッチモンド バージニア)
W/E TRADE展/(クラレモント カリフォルニア)
2005 ガラス作家三人展/サンエレナス文化会館(マドリード)
ラディウス250/プラントゼロアートスペース(リッチモンド)
2004 スペイン現代ガラス作家展/サンパブロ大学(マドリード)
ペラ・ジョウ彫刻コンクール展/シッチェス文化会館(バルセロナ)
ラス・メニーナス/グランハガラス美術館(セゴビア・スペイン)
2003 現代建築におけるコンテンポラリーステンドグラス展
バルセロナ建築大学(バルセロナ)
2002 バルセロナガラス作家展/Artonivoギャラリー(ブルージュ)
バルセロナ工芸作家展/Moncada Tallerギャラリー(バルセロナ)
Maraton展/メルカット デ レス フローレス劇場(バルセロナ)
アメリカガラス協会主催 ヨーロッパ新進ガラス作家展
スペイン代表 (アムステルダム)
2001 FLOAT GLASS展/ギャラリーESPAI VIDRE(バルセロナ)
燃えるアジア展/ギャラリー中和(銀座)
2000 現代ガラス作家展/グランハガラス美術館(セゴビア スペイン)
PARIS PHOTO展/Concell du Louvre(パリ)
現代作家展/ギャラリーパロマドッツェ(バルセロナ)
ペネデス アートフェスティバル2000(バルセロナ)
ガラスのおもちゃ展/ギャラリーESPAI VIDRE(バルセロナ)

舞台美術
2012   Spring Bach: ニューヨークライブアーツパフォーマンス
Bill T. Jones Arnie Zane Dance Company (ニューヨーク)
Chaconne ゾフィエンゼーレ劇場 (ベルリン)
2011 ジョン ケージ生誕100年せめぎあう時間と空間
Art Complex 神奈川県民ホールギャラリー(横浜)
Chaconne ゾフィエンゼーレ劇場 (ベルリン)

受賞 ノミネート 奨学金 レジデンシー
2012 アーティスト イン レジデンス グロガーエアー(ベルリン)
2011 アーティスト イン レジデンス 黄金町バザール(横浜)
2010 女子美パリ賞
アーティスト イン レシデンス
CITE INTERNATIONALE DES ARTS PARIS (2010-2011)
アーティスト イン レシデンス
Lower Manhattan Cultural Council Swing space
ニューヨーク
アーティスト イン レジデンス
ニューアーク美術館(ニュージャージー)
2009 アーティスト イン レシデンス
コーニングガラス美術館 (ニューヨーク)
2008 バーモントスタジオセンター フリーマン奨学金制度
2007 ポーラ美術振興財団助成海外派遣制度にてニューヨークへ派遣
ユッタ クニー フランツ協会
ガラスコンクール2位(ドュッセルドルフ ドイツ)
エベルトフト美術館ガラスコンクールファイナリスト
(エベルトフト デンマーク)
コーニングガラス美術館ニューグラスレビュー27
ガラスコンクール入選(ニューヨーク)
2006 ボンベイ サファイア プライズ 現代ガラスアート展
ファイナリスト(ロンドン)
コーニングガラス美術館ニューグラスレビュー26
ガラスコンクール入選(ニューヨーク)
2005 文化庁新進芸術家海外留学制度にてリッチモンドへ派遣
女子美術大学 大村文子制作奨励賞
アーティスト イン レジデンス
ピルチュック グラス スクール(シアトル)
バージニア コモンウェルス大学、ガラス科招待作家
2004 ペラ ジョウ彫刻コンクール3位(シチェッス バルセロナ)
2003 コーニングガラス美術館ニューグラスレビュー24
ガラスコンクール入選(ニューヨーク)
2002 コーニングガラス美術館ニューグラスレビュー23
ガラスコンクール入選(ニューヨーク)

コレクション
「Silver Silence」女子美術大学美術館
「Llum」MUDAC美術館(ローザンヌ スイス)
「ミラー ピーコック」アルコルコン ガラス美術館(マドリード)
「ラス・メニーナス」グランハガラス美術館(セゴビア スペイン)
「The Path To Hope(希望への道)」ヘネシー モエ シャンドン社
(ペネデス バルセロナ)
「Le souvenir de Quebec」シャトー フロントナック ホテル(カナダ)
個人所蔵作品

引用:https://nakanojo-biennale.com/artist/kazue-taguchi

 

 

 

と言った感じで、母親のはとこはかなり凄い方の様です。

スポンサーリンク

加藤万里奈の実家はお金持ち?妹の友達が凄い!

引用:https://twitter.com/marinaumauma/status/1057931339603660800?s=21

加藤万里奈さんには妹さんがいてますね。

 

 

お姉さん同様に、非常に可愛らしい見た目をされてる人ですね~

 

そんな妹さんの

親友の父親は、「医療法人社団 埼玉光明会」を経営し理事長をしてる

 

と言った感じで、かなりの凄い方の様ですね。

 

そして、加藤万里奈さんは親友の父親の会社のパーティーで演奏をされたそうで…

その際、今まで泊まった事のないゴージャスなお部屋に宿泊されたそうです…

 

 

そして、加藤万里奈さんは乗馬が趣味

半年ぶりに乗っても、大会で優勝できる程の腕前だそうです。

 

 

そして、乗馬と言う習い事ですが

  • 入会金は、大体10万前後
  • 月会費、学生会員やジュニア会員となっている場合5000円〜1万円程
  • 月謝、月会費+乗った分だけ料金の加算と言う形が多い

 

と言った感じで、他の習い事の比べると少しお金が掛かる様です…

 

なので、実家はそれなりに裕福な家庭では?と予想しますが…不明です・・・

入会金は大体10万円前後が多いように感じます。乗馬クラブAはキャンペーンで10万円の入会金が3万円になっていました。乗馬クラブBは7万5000円でした。

月謝ですが、月会費+乗った分だけの料金が加算という形が多いです。

月会費は学生会員やジュニア会員となっている場合5000円〜1万円程。

そこに乗った分だけの料金が加算されますが、1回のレッスンを1鞍(くら)と言います。1鞍の時間は乗馬クラブによりまちまち(あと日によっても長かったり短かったりする場合も…)です。

乗馬クラブAは1鞍4000円、1度に2鞍乗ると割安で6000円。(2鞍で大体40分前後)

乗馬クラブBは1鞍3000円(土日料金)。
ただし45分でレッスン内容も濃ゆいです。

現在通っている乗馬クラブBを
月に4回通うとトータルで2万2000円となります。8回なら3万4000円。

引用:https://note.com/aoyama_art_adhd/n/nca4e548261cb#yITPw

 

以上が、加藤万里奈さんの実家に関する記事でした。

スポンサーリンク