ニュース

小此木八郎の父親・彦三郎の経歴や死因などは?兄弟の名前などは?

今回は、政治家・小此木八郎さんの

 

父親の

経歴や学歴などや

死因は何だったのか?や

菅義偉さんとの関係性について

 

兄弟の画像・名前や経歴など

 

と言った感じで、小此木八郎さんの父親や兄弟について書きました。

スポンサーリンク

小此木八郎の父親・彦三郎のプロフィールは?

小此木八郎の父親・彦三郎さんについてですが

 

プロフィール

  • 名前:小此木彦三郎(おこのぎひこさぶろう)
  • 生年月日:1928年1月26日生まれ
  • 出身地:神奈川県横浜市

 

さらに、父親・小此木歌治(うたじ)さんは

実業家

横浜市会議員を3期務め、衆議院議員を1期務めた

 

凄い人だった。

小此木八郎の父親・彦三郎の経歴や学歴は?死因は?

小此木八郎さんの父親・彦三郎さんの経歴や学歴ですが

 

早稲田大学文学部哲学科卒業

横浜市会議員を経て、第32回衆議院議員総選挙に神奈川1区から出馬し初当選
その後、連続で8回当選を果たす

運輸政務次官、外務政務次官、衆議院運輸委員長などを歴任した

1983年、第2次中曽根内閣の通商産業大臣として初入閣を果たし
竹下改造内閣でも、建設大臣を務める

 

1991年、小選挙区比例代表並立制導入を柱とする政治改革関連3法案を審議する衆院政治改革特別委員会の委員長を務め、9月30日に同法案の「廃案」を突如宣言する。これは、中選挙区制廃止に消極的であった梶山静六自民党国対委員長の意向とも言われる。同法案に積極的であった海部俊樹首相は衆議院解散を示唆するなどして対抗する姿勢を見せたが、党内の支持を得られず退陣した(海部おろし)。

 

さらに、父親の彦三郎さんは

自民党国会対策委員長、衆議院議院運営委員長を歴任するなど党内でも有数の議運・国対族として知られ、与野党に幅広い人脈を持っていた。

と言った感じの人だった様ですね。

 

そんな、父親・彦三郎さんの死因についてですが

1991年11月4日、階段で転落し頭を強打した事が原因で、63歳で亡くなられた

 

そうです。

1991年、衆議院第2議員会館7階に梶山のもとを訪ねたが梶山が不在であったため、5階の自分の事務所に引き返す折に階段で転落し頭を強打した。これが原因で11月4日、63歳で没した。

 

以上が、父親の彦三郎さんの経歴・学歴や死因に関する記事ですね。

スポンサーリンク

父親・彦三郎と菅義偉との関係は?

父親の彦三郎さんと菅義偉さんですが

 

  • 菅義偉さんが、父親・彦三郎さんの秘書を務めた
  • 彦三郎さんから菅義偉さんは神奈川区を任せられ、彦三郎さんに変わり各回りなど選挙基盤を固める役目だった
    菅義偉さんの仕事内容は「極めて実直」で、かなり評判が良かった
  • 彦三郎さんは菅義偉さんが無口な事を「こいつは口下手で、とにかくしゃべらない」とよく案じていた
  • 1958年、彦三郎さんが通商大臣になった時は、菅義偉さんは大臣秘書官に抜擢された

 

さらに、菅義偉さんさんのお嫁さんは彦三郎さんの秘書仲間でその事がきっかけで結婚されています。

お嫁さんの真理子さんは、彦三郎さんの元で家政婦兼秘書をしていました。

 

ちなみに、菅義偉さんは彦三郎さんの書生の様な形で秘書をされてたそうで…

数年間は、毎朝彦三郎さんの家に来て、朝食を一緒に食べる生活をされていました。

なので、小此木八郎さんにとって菅義偉さんはお兄さんの様な存在だった様です。

 

以上が、小此木八郎さんの父親・彦三郎さんに関する記事ですね。

スポンサーリンク

小此木八郎の兄弟の名前・画像や経歴は?

小此木八郎さんの兄弟についてですが

 

兄弟構成は

  • 長男:歌蔵さん
  • 次男:治郎さん
  • 三男:八郎さん

 

となっています。

 

そして、長男の歌蔵さんは

 

横浜市の倉庫会社の4代目社長をしてる

2016年~、横浜港大さん橋国際客船ターミナル共同事業体代表に就任する

大黒ふ頭連絡協議会会長・(株)小此木取締役社長を務める

 

引用:https://www.townnews.co.jp/0113/2018/07/12/439755.html

 

と言った感じで、かなり凄い方でした。

 

次男・治郎さんに関する情報は公表されていませんでした…

 

ちなみに、母親の名前は節子さんです。

 

以上が、小此木八郎さんの兄弟に関する記事ですね。

スポンサーリンク