ニュース

眞鍋馨の画像や経歴は?年齢・wikiや学歴(高校・大学)は?

今回は、眞鍋馨さんの

 

 

画像や

年齢や出身地などのwikiや

 

高校・大学などの学歴

厚生省入省後〜現在までの経歴

 

 

などなど…眞鍋馨さんについて書きました。

スポンサーリンク

眞鍋馨の画像や年齢・wikiは?学歴(高校・大学)は?

眞鍋馨さんの年齢やwikiや高校・大学などの学歴ですが

 

年齢は

2013年3月5日時点で、43歳でした。

引用:https://ci.nii.ac.jp/naid/40019591314

なので、年齢は51歳前後になると思われます。

 

そして、愛媛県出身です。

引用:https://www.momijibank.co.jp/portal/news/assets_news/news_20210312_05.pdf

 

高校・大学などの学歴ですが

1995年 東北大学医学部(偏差値67.5)卒業

 

となってて…

 

出身高校に関しては不明でした。

眞鍋馨さんの出身地・愛媛県で頭がいい高校だと

  • 愛光高校
  • 松山東高校
  • 今治西高校
  • 松山南高校
  • 新田高校
  • 八幡浜高校
  • 松山北高校
  • 愛媛大学附属高校
  • 新居浜工業高等専門学校
  • 新居浜西高校

 

などがありますね。

一応、ご参考までに。

 

以上が、眞鍋馨さんの年齢・wikiや高校・大学などの学歴になりますね。

スポンサーリンク

眞鍋馨の経歴は?

引用:https://youtu.be/X-ZAV9g1nEI

眞鍋馨さんの経歴ですが

 

1995年 厚生省入省 大臣官房統計情報部保健統計室

 

1997年 厚生省 保健医療局エイズ疾病対策課 臓器移植対策室 臓器移植係長

1997年6月に日本ではじめて、脳死からの臓器提供を可能とする法律が成立し、その直後に臓器移植係長として着任

日本での医療不信の原因の一つとなった脳死 臓器移植を、いかにして国民から信頼を得られるような形 で実施可能にするか、専門家を含めた多くの立場の方々と 本音で議論し、制度化していきました。そして法律施行後、 第1例目から4例目までの脳死からの臓器提供と移植実施 に立ち会うことができました。他にも臍帯血移植ネット ワークの設立なども担当しました

 

 

1999年 厚生省 老人保健福祉局介護保険制度施行準備室 介護報酬係長

1999年4月から施行の介護保険制度の準備に携わり1999年8月から介護保険制度施行準備室・介護報酬係長として着任し、介護報酬の設定を担当

前例がない中で、介護サービス提供者が事業を継 続できる水準の報酬と、介護保険財政の両方をにらみなが ら設定をすることが求められ、責任感とプレッシャーを感 じていましたが、同時にやりがいも大きく、施行時には達 成感に包まれたことが思い出されます。

 

 

2000年 厚生省 老人保健福祉局老人保健課 介護報酬専門官

2001年 厚生労働省 医政局研究開発振興課 課長補佐

 

 

2002年 ロンドン大学 経済・政治科学大学院 公衆衛生・熱帯医学大学院留学 理学修士取得

医療制度と医療経済学を学ぶ。

多忙な生活から一転し、家族と過ごす時間が増えた

ある程度行政経験を積み、様々な制度の運用に関する知識を得てからの留学でしたので、 仕事を通じて得ていた知識がブラッシュアップされ、体系 的に整理されるのは非常に楽しい経験でした。また、多忙 な生活から一転、家族と過ごす時間も増えました。他方、様々な国の学生と楽しく時に真剣に議論をすることで、自 分の価値観も揺さぶられ、日本人であることのアイデン ティティを強く自覚できたことも大きな経験です。

 

 

2003年 厚生労働省 医政局経済課 課長補佐

2004年 厚生労働省 大臣官房厚生科学課 課長補佐

 

 

2005年 厚生労働省 保険局医療課 課長補佐

2006年度の診療報酬改定を担当

介護報酬との同時改定だったが、2000年の介護保険制度施行時に介護報酬担当な事が大きく役立つ

診療報酬は医療政策実現の強力なツールの一つですが、設 定方法が適切でない場合、現場での医療を歪めてしまう恐 れがあり、それだけに慎重な検討が求められます。また、 この時はそれまでの中で最も財源が厳しく、時に関係者と の厳しい調整を求められることもありましたが、合意にた どり着くプロセスの中で多くを学びました。

 

 

2008年 厚生労働省健康局総務課 課長補佐

2009年 厚生労働省大臣官房厚生科学課 主任科学技術調整官

2011年 長野県健康福祉部医療政策監

 

 

2012年 長野県健康福祉部長

長野県内の保健、医療、福祉分野を担当

約3年の任期中に、「人と人のつながりの大切さを学ぶ」

職員数も千名超で県庁内でも最も大規模な部署 です。その部長は県の組織の中では幹部であり、知事とも 近い立場となります。着任当初、その組織の大きさに戸惑 いを覚えましたが、周囲に人を得て、約3年の任期を全う させていただきました。県で学んだのは、月並みですが、 人と人とのつながりの大切さです。また、長野は自然豊か で水と空気も澄んでいます。すっかり信州の大ファンに なって、霞ヶ関に戻ってからも機会を見つけて(作って) は訪ねています

 

 

2014年 環境省環境保健部石綿健康被害対策室長(石綿健康被害者の救済)

2015年 厚生労働省保険局医療課企画官

2017年 文部科学省高等教育局医学教育課企画官(大学での医学教育)

2018年7月 厚生労働省老健局老人保健課長(老人保健の向上、介護保険制度の要介護認定、介護報酬)

 

 

さらに、自身のキャリアを

入省以降、厚生労働省、環境省、地方自治体、留学など様々な経験 をさせていただいていますが、これまでを振り返って言えると すれば、行政官としてのキャリアパスは、時として心身ともに厳 しい環境に置かれることもありますが、総じて刺激の多い学び の日々であるということです。経験を積み、役職が上がってもそ れに応じた困難さ、責任の大きさの仕事が待っています。それを こなすことで得られる醍醐味、是非一緒に感じましょう。

と振り返られています。

 

以上が、眞鍋馨さんの経歴になりますね。

スポンサーリンク