芸能

宮内淳の若い頃(太陽にほえろ・ボンボン刑事)の画像などは?

今回は、70歳で天国に旅立たれた・宮内淳さんの

 

幼少期や高校・大学などの若い頃の経歴

 

太陽にほえろのボンボン刑事や歌手活動など若い頃の画像や動画

 

などなど…宮内淳さんの若い頃について書きました。

スポンサーリンク

宮内淳の若い頃(高校・大学など)の経歴は?

引用:https://blog.goo.ne.jp/harrison2018/e/1d2401fa04f403610065e00894788660

宮内淳さんの若い頃に関する記事ですが

 

1950年5月28日、愛媛県伊予郡松前町で生まれる

小学生の時に大阪市内へ転居する

 

大阪府立阿倍野高校を卒業

西南学院大学を中退

 

中学生、高校生の頃はバスケをやってた

 

幼少期は、航空機のパイロットに憧れ、航空大学校を目指す

勉強をし過ぎて視力が悪くなり、航空大学校の身体検査基準を満たさなくなり、パイロットの夢を断念

そして、芸能界を目指す様になった

 

以上が、宮内淳さんの若い頃の経歴になりますね。

スポンサーリンク

宮内淳の若い頃(太陽にほえろ)の画像・動画やエピソードは?

引用:https://blog.goo.ne.jp/harrison2018/e/1d2401fa04f403610065e00894788660

さらに、宮内淳さんの若い頃の画像や動画ですが

 

いくつかの小劇団に入った後、1974年、文学座附属演劇研究所に入る

1975年、文学座附属演劇研究所を卒業

 

1975年10月~、テレビドラマ「太陽にほえろ!」の田口刑事(通称、ボンボン刑事)役でレギュラー出演し、人気者に

1979年、「太陽にほえろ!」を降板する

 

ドラマでのサファリジャケットのボタンを1つしかとめない、「ヤクザルック」の着こなしも好評だったとか

 

殉職のシーンは、「森の石松」からインスパイアーされたそうです。

そして、ボンボン刑事の殉職シーンですが

 

凶弾を3発受け、白のサファリジャケットを真っ赤に染めて

電話ボックスまで這って行き、そこからボス役の石原裕次郎さんへ電話するも途中で息絶える

 

と言った感じで、宮内淳さん自身の意見も投影されたものでした…

 

引用:https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v709752927

 

1979年1月、西田敏行さん主演・横溝正史さん原作の映画「悪魔が来りて笛を吹く」に出演する

引用:amazon

 

その後、1979年10月~1980年9月までの学園ドラマ「あさひが丘の大統領」にて初主演をする

 

こちらのドラマには片平なぎささんも出演していました。

 

「大正製薬リポビタンD」「ダイエープルーマウンテン学生服」のCMに出演

 

さらに、宮内淳さんの歌手としても活躍されていました。

 

1978年、「ひとりのメロディ」

 

1980年、「青春の旗をふれ」 「あさひが丘の大統領」挿入歌

 

1981年、「君に捧げるほろ苦いブルース」

 

以上が、宮内淳さんの若い頃の画像や動画などになりますね。

宮内淳の結婚した嫁はよっちゃん?子供(息子・娘)はいてる?今回は、俳優・宮内淳さんの 結婚したお嫁さんの画像や名前など 子供(息子・娘)さんはいてるのか? ...
スポンサーリンク