芸能

森山周一郎の家族は?息子は司会業?嫁(妻)・娘の名前などは?

今回は、森山周一郎さんの

 

 

お嫁さんとの馴れ初めや名前・職業などや

 

息子さんの職業や年齢など

娘さんの年齢や「紅の豚」との関係など

 

孫に関するエピソード

 

 

などなど…森山周一郎さんの家族について書きました。

スポンサーリンク

森山周一郎の家族は?息子は司会業?嫁(妻)・娘の名前などは?

引用:https://www.tv-ranking.com/detail/2782/

森山周一郎さんの息子さんや娘さんやお嫁さんなど家族についてですが

 

2015年10月2日のブログにて、お嫁さんや息子さん・娘さんについて書かれていました。

お嫁さんは

  • 名前は、大塚敬子さん
  • 愛知県犬山高校の同級生
  • 森山周一郎さんの家庭教師をしてくれてた
  • 日銀に勤務してた

 

  • 売れない時期は、5畳半のアパート暮らしだった
  • 結婚して60年になる

 

 

子供さんは

昭和35年(1960年)に息子さんが生まれる
なので、息子さんは現在61歳前後になりますね。

息子さんが生まれて、人に頼まれて購入してあった久喜の土地を思い出し、子供を育てるには緑あふれる久喜が絶好の場所だろうと思い、久喜で家を建てた

そして、息子さんが中学生になったら、東京に戻ればいいと思ったけど、娘さんが生まれ・お嫁さんに友達や知人が増えて、久喜が離れられなくなったそうです。

 

ちなみに、娘さんは昭和39年(1964年)生まれだそうです。
なので、娘さんは現在57歳前後となりますね。

 

そして、息子さんは会社員をしながら司会業をされて、娘さんは結婚し、それぞれ2人の孫に恵まれてるそうです。

 

と言った事が分かりました。

 

さらに、お嫁さんは、森山周一郎さんと同じ名古屋市出身だそうです。

 

そして、1997年7月、森山周一郎さんが脳梗塞になった時は

自宅で原稿を書いてた時に、異変に気付き、お嫁さんに救急車を呼んで貰う
その後、お嫁さんが懸命に看病してくれたそうですよ。

 

さらに、宮崎駿さんから「紅の豚」の出演依頼の電話が掛かって来て
電話に出た当初、宮崎駿さんとは気付かなかったそう
ですが…

娘さんが、横で「断らないように」というジェスチャーをしてて
その娘さんの姿を見て、「紅の豚」のポルコ・ロッコ役を受けられたそうです。

 

 

 

以上が、森山周一郎さんのお嫁さん(妻)や息子や娘さんに関する記事ですね。

スポンサーリンク

森山周一郎の家族は?孫は弓道部?嫁と赤座美代子との関係は?

引用:https://www.tv-ranking.com/detail/2782/

森山周一郎さんは、自身のブログ内で、家族について書かれています。

 

2015年11月17日

お嫁さんの母親の姪っ子が赤座美代子さんだそうです。
さらに、お嫁さんと赤座美代子さんは時々交流がある。

 

引用:https://www.pasonica.com/%E8%B5%A4%E5%BA%A7%E7%BE%8E%E4%BB%A3%E5%AD%90/

 

妻の母親の家系が「赤座一族」と呼ばれていて、
お義母さんの姪っ子が赤座美代子だ。

若い人は知らないかもしれないが、40年前位に
エメロンシャンプーのCMで一斉風靡した。
その後はTV・舞台と女優で活躍している。

ある日赤座美代子さんから声を掛けられ
「私、森山さんと親戚なんですよ」
と言われ分かった次第だ。

妻は時々交流がある様だ。

 

2016年1月28日

孫が野球部を辞めて、弓道部に入った
森山周一郎さんは孫の教育には一切関与してない

 

ウチの孫だって!あれ程好きだった野球部をやめ弓道部だって。

孫の教育にはいっさいタッチしないが馬鹿者!と怒鳴りつけたいところをガマンしてる。

 

2015年11月2日

10月3日に炎症も治まり妻が帰宅。

娘と2人で家の中を見てビックリ!メチャメチャ!1週間家を空けるとこうなるよ…
昨日、生活サイクルがやっと正常に戻った。

 

2016年1月20日

家内と一緒にTVを見る事が多いので80歳の老女でも判る
“門前の小便”のたとえ通りか。なかなか厳しい事を言う。

50年余の年月が家内といっぱしの評論家にしてしまったようだ。

 

2016年2月12日

ウチの奥様は何でも反対党で、私はアクセルで女房がブレーキを踏む。
女房はブレーキを踏み過ぎて私の意見が違っても謝った事はない。

時々悪さをした私は「ゴメン」といった事が永い人生で何度かある。

これで50年以上やってこれたのだから良かったのかも…

 

以上が、森山周一郎さんの孫など家族に関する記事ですね。

スポンサーリンク