ニュース

内藤佐和子の経歴や出身高校などのwiki風プロフィールは?

今回は、徳島市長に見事当選された内藤佐和子さんの

 

wiki風プロフィール

 

高校などの学歴

高校卒業後〜現在までの経歴

 

夫の職業などや子供さんについて

 

などなど…内藤佐和子さんについて書きました。

スポンサーリンク

内藤佐和子のwiki風プロフィールは?

内藤佐和子さんのwiki風プロフィールですが

  • 名前:内藤佐和子(ないとうさわこ)
  • 生年月日:1984年3月
  • 出身地:徳島県徳島市

 

以上が、内藤佐和子さんのwiki風プロフィールになりますね。

内藤佐和子の高校などの学歴は?

内藤佐和子さんの高校などの学歴ですが

 

生光学園幼稚園→応神小学校→徳島文理中学校・高等学校→ 東京大学法学部政治コース

高校一年時、Celeste High Schoolに一年間交換留学を行う

 

ちなみに、徳島文理高校

  • 偏差値68 徳島県2位の学力
  • 併設型の中間一貫教育の私立高校

 

以上が、内藤佐和子さんの高校などの学歴になりますね。

スポンサーリンク

内藤佐和子の経歴は?

内藤佐和子さんの経歴ですが

 

東京大学在学時(20歳)に多発性硬化症という難治性疾患にかかるも、積極的にビジネスコンテストに参加して受賞し、ベンチャー企業数社の経営に参画。

また、経済紙を発行するダイヤモンド社の学生記者クラブの立ち上げに携わったり、日米学生会議のプレ会議にも参加した。

2009年に徳島の課題解決型のコンテスト、徳島活性化コンテストを徳島県と共催したことをきっかけにまちづくり活動に携わるようになり、2010年に帰郷

現在は㈱応神鉄工の役員を務める傍ら、中小企業庁のミラサポ専門家派遣で中小企業や商店街の企画やPR、販促支援などを行う。

また、学校や大学への主権者教育やSDGs教育なども積極的に行い、県の社会教育委員や阿波市の図書館アドバイザーも務め、自身も徳島大学工学部機械工学科に再入学した。(現在は休学中

四国放送「ゴジカル!」月曜日コメンテーター(2013年4月1日から約7年間)。

さらに、県や市の審議会の各種委員を歴任。(観光、男女共同参画、障がい者、教育振興、総合政策、規制改革、社会教育委員、子ども子育て会議等。

徳島市では2019年度は行財政改革や駅前再開発、国土強靭化、教育振興の委員を務め、市の課題を肌で感じている。

 

上記以外の経歴として

 

1984年3月、徳島県で生まれる

2003年、徳島文理高校を卒業

2003年、東京大学教養学部に入学

2003年4月〜2004年4月、東京大学教養学部

その後、再度東京大学法学部を受験し合格

その後、数々の学生団体に参加する

SNSサイト「GREE」のアクセスランキング1位獲得、ビジネスプランコンテスト「TRIGGER」で優勝し100万円獲得

2008年秋、第4回出版甲子園に出場し体調不良で決勝大会には出られなかったものの…賞を獲得

2009年〜、徳島活性化委員会の代表に就任

2009年10月9日、サンマーク出版より「難病東大生」を出す

2010年、東京大学法学部を卒業

TED WOMEN(世界的プレゼンテーションイベント)初代日本代表や徳島市きらめく女性大賞第一回大賞受賞

それ以外に、株式会社応神鉄工の取締役を歴任

 

以上が、内藤佐和子さんの経歴になりますね。

内藤佐和子の夫の職業などは?子供はいてる?

内藤佐和子さんの夫に関する情報ですが

 

2010年4月30日の朝日新聞の記事によりますと

IT系の起業家(38)と結婚もした。「行動力も人脈もあるのに、自分の病気を治すために何もしていないね」と夫に言われ、ハッと気づいた。「どうせ治らない」と自分は病気から逃げている。
会社を設立。大学を出た今春からは、広告収入の一部を難病治療の研究に寄付する検索サイトの立ち上げに力を入れている。

と言った部分から、夫に関して分かってる部分は

  • 年齢:2010年4月30日地点で38歳
  • 職業:IT系の起業家

と言った感じになりますね。

ちなみに、内藤佐和子さんは息子さんが1人いらっしゃりますね。

 

以上が、内藤佐和子さんの夫に関する記事でした。

スポンサーリンク