芸能

ニシキドアヤトはハーフ?wiki風プロフィールは?

今回は、宮迫さんに動画に出演されて錦戸亮さんの従兄弟で話題を読んでるニシキドアヤトさんの

 

ハーフなのか?

年齢などのwiki風プロフィールや経歴

 

などなど…ニシキドアヤトさんについて書きました。

スポンサーリンク

ニシキドアヤトはハーフ?

引用:https://nanapekota.com/interview-nishikidoayato-fun/5125/

ニシキドアヤトさんは、日本人離れしたイケメンなので、ハーフ説が出てる見たいですが…

「マリウス系のお顔ですよね。」に対し「ハーフではないのによく言われます。と言った事をご本人のツイッターで言われてる事から…

ハーフではないですね!

 

ちなみに、こちらが幼少期のニシキドアヤトさんになります。

引用:https://www.danlan.jp/_ct/17255762

やはり、この頃からハーフ系のイケメンですね〜
それにしても、純日本人でこの様なお顔で誕生出来るのは実に蒲ましい所ですね・・・

ニシキドアヤトのwiki風プロフィールは?

引用:https://nanapekota.com/interview-nishikidoayato-fun/5125/

続いて、ニシキドアヤトさんのwiki風プロフィールですが

  • 1991年の2月14日生まれの29歳
  • フリーのWEBライター
  • 出身地:大阪府
  • 血液型:O
  • スマブラと仮面ライダーとBiSHが好き
  • 広瀬すずが好きなタイプ

 

ニシキドアヤトさんの家族や兄弟についてですが

母と父、姉と兄、姉の旦那に姉の甥っ子姪っ子。

と言った部分から…

お兄さんとお姉さんが一人ずついてて
お姉さんは、結婚してて息子さんと娘さんがいてる

事が分かりますね。

 

以上が、ニシキドアヤトさんのwiki風プロフィールになりますね。

スポンサーリンク

ニシキドアヤトの経歴は?

引用:https://nanapekota.com/interview-nishikidoayato-fun/5125/

ニシキドアヤトさんの経歴ですが

 

幼少期は、とりあえずやってみればそこそこ出来てしまう人間だった様ですね

 

高校卒業後、面接官の店長が実家の近所に住んでて話が盛り上がり大手家電量販店に合格する

高校では、無遅刻無欠席でパソコンにハマってた様です。

学生時代は、接客業のバイトをされていました。

 

就職先では、人間関係や仕事面でも充実していましたが

7年目の冬、自己啓発本にハマり「俺も東京で一花咲かせなきゃ!」と思われて…上京されます

 

その後、東京の求人広告代理店に就職する

求人広告代理店を選んだのは、

接客のスキルを活かせそうな営業職で、人事や中小の社長さんとやりとりができて、刺激がありそうだったから。

だった様ですね。

この時の仕事内容は

「そろそろ人員を増加しようかな?」と考えている企業に対して「求人広告はいかがっすか~?マイナビ転職、@type、DODA、その他諸々取り揃えておりま~す」とご案内する営業業務(電話でアポをとり、訪問)

求人広告を出していただける企業に対して、どうすれば希望通りの人材が応募してくれるかをアドバイスするコンサルタント業務

と言った感じだったみたいですね。

 

こちらの会社でも、それなりの成績も出されていましたが…

クライアントの人から「うちで一緒に働かない?」誘われ
誘ってくれた社長とは個人的に数年前から交友があり、尊敬していた人なので、こちらの会社に転職する

ただ

これまでに培ったスキルがほとんど役に立たないばかりか、僕の声は

  • 甲高い(電話だとキンキンすると言われる)
  • どもる
  • 滑舌悪い
  • 早口

という電話営業に向かない特徴のロイヤルストレートフラッシュ状態だったんですよね。ウケる。

と言った感じで、仕事が上手く行かず精神的にも疲弊されて行った様です…

 

限界になったある日の仕事の帰り道に母親と姉に電話をし

「頑張ったなぁ、限界やったら帰ってきたらええ。帰る場所はここにある。仕事なんかいくらでもある。最近のあんたは生き急いでるように見えてた。帰ってきてゆっくり次になにをするか考えたらええよ。」

と言われ、会社を辞め、大阪に帰られました…

 

その後、ブロガーになられますが…理由は

じゃあなんでブログなのか?と聞かれると、とりあえずやってみたかった 。

これに尽きます。ホント。

ブログをすることによって、文章力の向上だったり、その時思った事を書き記しておくことによって、自分の考え方の変化だったりを記録として残しておきたいな〜って考えてます。

あとはこれまでずっと受け取る側だったので、発信する側に立ったり、自ら能動的に動いて、いろいろやって行きたいですね〜。

と言った感じみたいですね。

 

以上が、ニシキドアヤトさんの経歴になりますね。

スポンサーリンク