スポーツ

関根シュレック秀樹の身長や戦績 などのwiki風プロフィールは?

今回は、警察官から柔術家に転身された関根シュレック秀樹選手の

 

身長などのwiki風プロフィールや

 

警察官になった意外な理由や辞めた理由などの経歴

柔術家としての戦績

 

などなど…柔術家・関根シュレック秀樹選手について書きました。

スポンサーリンク

関根シュレック秀樹の身長や戦績 などのwiki風プロフィールは?

関根シュレック秀樹選手の身長などのwiki風プロフィールですが

  • 本名:関根秀樹(せきねひでき)
  • 生年月日:1973年8月13日生まれ
  • 出身地:静岡県磐田市
  • 身長:175cm
  • 所属:ボンサイブルテリア
  • 山梨学院大学を卒業してる

 

以上が、関根シュレック秀樹選手の身長などのwiki風プロフィールになりますね。

関根シュレック秀樹の経歴は?

関根シュレック秀樹選手の経歴ですが

 

4歳の時に右足がちぎれかけてしまう程の交通事故の後遺症で右足を引きずる生活を余儀なくされる

 

小学校の先輩に、右足を引きずってる事をからかわれる

人の不幸を笑いものにする先輩に怒りを覚え、その思いから柔道を習い始める

 

その後、小学校~大学まで柔道を続け、3段の腕前になる

小学校時代

中学3年

高校3年

柔道部の同級生がプロレス好きでその影響でプロレスラーを目指す

UWFインターナショナルと言うプロレス団体の入門テストを受けようと思うも、両親の反対にあい、親の勧めで警察官の試験を受け警察官になる

大学4年時にUWFインターナショナルが解散しプロレスラーの夢を失った事から泣く泣く警察官になるも、中々向き合えず学校ではよく赤点を取ってたらしい

 

1997年、静岡県警に入庁する

1999年、機動隊に異動する

その後、マル暴や国際捜査課(外国人犯罪を取りしまる)などを務める

静岡県浜松市はブラジル人窃盗団が多く存在してた事から、ブラジル人の情報や捜査協力者を探す目的でボンサイ柔術に入る

ボンサイ柔術にて指導してたRIZINで活躍してるホベルト・サトシ・ソウザ選手とマルコス・ヨシオ・ソウザ選手の兄弟と出会い、友達の様に仲良くなる

ボンサイ柔術に入門して1か月後に大会に出場するなど、柔術にのめり込む
警察官として勤務しながら、週5でジムに通う生活を送ってた

当時の様子はこちらの動画でご覧になる事が出来ます

 

入門して4か月ほどでワールドプロフェッショナル柔術アジア大会で優勝

その後、アラブで開催の柔術世界大会にて白青98キロ超級で優勝する

2010年、37歳でMMAデビューをする

 

2015年、アジアの格闘技団体ONE Championshipから「ヘビー級王者のブランドン・ベラ選手とタイトルマッチをしてくれないか?」と言われ

ソウザ兄弟に相談した所

父から『人生は夢を追い続けないといけない。人生はチャレンジだ。』といつも言われてきた。だからヒデキがどちらを選んでも、俺たちは応援していくよ。

の言葉に背中を押され

後2~3カ月の勤務で年金が満額貰えたにも関わらず
格闘技を始めるのなら43歳の2~3カ月は大きい」と

43歳で退職しプロの道を歩む

 

以上が、関根シュレック秀樹選手の経歴になりますね。

スポンサーリンク

関根シュレック秀樹の戦績は?

最後に、関根シュレック秀樹選手の戦績ですが

 

2010年9月19日 加藤実 1ラウンドを腕十字で勝利
2010年12月11日 水口誠悟 2ラウンドTKOで勝利
2012年12月8日 土屋茂樹 1ラウンド腕十字で勝利
2013年6月15日 酒井リョウ 判定勝利
2014年9月14日 バーソロミュー・トシオ 1ラウンドKO勝利
2014年12月 河野選手 1ラウンドTKO勝利
2016年12月2日 ブランドン・ベラ 1ラウンドTKO負け
2017年9月16日 アラン・ンガラ二 1ラウンドKO負け
2018年11月23日 アレシャンドレ・マジャド 2ラウンドTKO負け
2019年9月15日 中村光義 1ラウンドTKO勝利

以上が、関根シュレック秀樹選手の戦績になりますね。

スポンサーリンク