ニュース

高山義浩(医師)の経歴や学歴(高校・大学)などのwikiは?

今回は、医師の高山義浩さんの

 

出身地などのwiki風プロフィールや

 

東京大学医学部卒業後~現在までの経歴

出身高校や大学などの学歴

 

などなど…医師・高山義浩さんとは一体どの様な人なのか?について書きました。

スポンサーリンク

高山義浩(医師)のwiki風プロフィールは?

医師・高山義浩さんのwiki風プロフィールですが

  • 名前:高山義浩(たかやまよしひろ)
  • 生年月日:1970年生まれ
  • 出身地:福岡県福岡市
  • マイブーム:沖縄本島の釣りと岸壁めぐり

 

以上が、高山義浩さんのwiki風プロフィールになりますね。

スポンサーリンク

高山義浩(医師)の経歴や学歴(高校・大学)は?

医師・高山義浩さんの経歴や学歴ですが

 

1995年東京大学医学部保健学科を卒業する

大学卒業後、フリーライターとして世界の貧困と紛争をテーマに取材を重ねる

2002年、山口大学医学部医学科を卒業・医師免許取得をする

国立病院九州医療センター、九州大学病院にて初期臨床研修を行う

2004年5月~2008年4月、佐久総合病院総合診療科で地域医療に従事する(川上診療所・総合診療科)
さらに、無資格滞在外国人に対する医療支援を開始する

2008年4月~2010年3月、厚生労働省健康局結核感染症課(新型インフルエンザ対策推進本部)にてパンデミックに対応する医療提供体制の構築に取り組む

2010年10月~2014年4月、沖縄県立中部病院にて感染症診療と院内感染対策に従事する
沖縄県中部病院に地域ケア科を立ち上げ、退院患者のフォローアップ訪問や在宅緩和ケアを開始する

2012年、長崎大学・国際保健学分野・熱帯医学研究所

2014年~、厚生労働省医政局地域医療計画課において高齢化を含めた日本の社会構造の変化に対応する地域医療構想の策定支援に取り組む

2015年~現在、沖縄県立中部病院にて急性期病院と地域包括ケアシステムの連携推進に取り組んでいる

2020年2月1日~、厚生労働省・技術参与

 

それ以外の経歴として

群馬大学医学部非常勤講師、神戸大学医学部非常勤講師、琉球大学医学部非常勤講師、日本医師会総合政策研究機構非常勤研究員、沖縄県地域医療構想検討会議委員、沖縄県在宅医療・介護連携推進事業統括アドバイザー、うるま市高齢者福祉計画策定委員会委員

と言った感じになりますね。

 

ちなみに、高山義浩さんが医師を目指したのは

カンボジアで農村の社会調査しているときに、多くの乳幼児が感染症で亡くなっていたが、その原因やどうしたら助けられるか分からず、無力を感じたから

からみたいですね。

 

さらに、著書には

  • 2001年、『アジアスケッチ 目撃される文明・宗教・民族』(白馬社)
  • 2008年、『ホワイトボックス 病院医療の現場から』(産経新聞出版)
  • 2016年『地域医療と暮らしのゆくえ 超高齢社会をともに生きる』(医学書院)

などがありますね。

 

と言った感じで、高山義浩さんの出身高校は不明でした・・・
出身地・福岡県で優秀な高校だと

  • 久留米大学附設
  • 修猷館
  • 九州国際大学附属
  • 明善
  • 筑紫丘
  • 福岡

などがありますが…現状では不明です・・・

 

以上が、高山義浩さんの経歴や学歴になりますね。

スポンサーリンク