ニュース

馳浩の娘・鈴音は大学生!画像は嫁の若い頃にそっくり?

今回は、政治家でプロレスラーの馳浩さんの

 

娘さんの画像や名前・職業などや

お嫁さん・高見恭子さんや馳浩さんの仲良しエピソード

 

などなど…娘さんがどんな人なのか?について書きました。

スポンサーリンク

馳浩の娘の名前・職業や画像などは?

馳浩さんの娘さんの情報ですが

  • 名前:鈴音(りおん)さん
  • 生年月日:1997年12月生まれ
  • 性格:とても努力家で自立心が高い

 

そして、娘さんの画像ですが

幼少期以外の画像はありませんでした…

ただ、娘さんは若い頃の高見恭子さんにそっくりみたいですよ~

現在の娘さんの画像は存在しませんでしたが…
可愛い人である事は間違いなさそうですね~

 

ちなみに、母親の高見恭子さんのブログにて

  • 2人で買い物に行く
  • プレゼントやお土産を2人で送り合う
  • 娘さんの希望で高見恭子さんが弁当を作ってる

などなど…仲良しな様子が書かれています。

ちなみに、娘さんは

家で(高見恭子さんと)一緒に、少女漫画・アニメに熱中してるみたいですよ。

 

ほんとに仲良しなんですね~

以上が、娘さんに関する情報でした。

スポンサーリンク

馳浩と娘とのエピソードは?

最後に、馳浩さんと娘さんの仲良しエピソードですが

 

馳浩さんのエッセー「赤じゅうたんのひとりごと」の第3回「パパー、見てて見てて」にて

家族で沖縄旅行に行き、4歳の娘さんのバタバタ足を見させられた

事を語っています。

親子3人で季節はずれの沖縄旅行に出かけた。
9月とはいえ、沖縄の太陽は真上から容赦なく照りつけ、気温は31度。
私と妻には直射日光はまばゆすぎるほどだったが、4歳になる娘にとっては時ならぬ夏の再来。何ものにも代えがたいプレゼントになったようである。
「パパー。りーちゃん(娘の名はりおん)ねー、泳げるようになったんだよー。浮輪なくったって泳げるんだもーん。息つぎはできないけどネ」
「そっかー。たいしたもんだね」
「そぉ、凄いでしょー。だから、りーちゃんが泳ぐのずっと見ててねー」
「よっしゃあ。まかしとけ。ずっと見ててあげるから、いっぱい泳いでねー」
この一言が、失敗だった。

それから5時間。
そう、まぎれもなく5時間。
延々とバタ足、5時間。
それにつき合わされるパパ。
「パパー、見てて見てて!!」
と言われた時によそ見でもしていたり寝っ転がったりしていようものなら、
「見てるって言ったでしょ、パパのウソつきー!!」
と他のお客さん方の前で、怒鳴られることになる。ここにいたってさすがに周囲の目も、
「馳さん、お気の毒に!!」
の同情のまなこ。娘想いの良き父親像が、ここに来て単なるバカな親にしか見えなくなっているわけだ。

 

平成31(2019)年1月6日の「はせ日記」にて

娘さんの大学のレポートの為、一緒にプロレスリング・ノアを観戦した

さらに、ブログ内容から考慮すると…

娘さんは、BTSなどK-POPが好きっぽいみたいですね。

「何で俺がおりんと一緒にプロレス観に行かなきゃならないんだよ」
とか言いながら、一人娘のお願いには弱い馳浩57歳。
それも、《プロレスリング・ノア》初観戦。
それも、セブンイレブンでチケット予約して。
一枚7000円✖️二枚。
「プロレス観戦7000円って、高いの?安いの?」
と、呑気に語るリポート女子大生おりん。
「高いと思うか、そう思わないか、観てから考えて、それをリポートすれば?」
と適当なこと言うと、
「東京ドームでBTSの1万円は高いとは思わないんだけどね」
と。
「ナニ?BTSって?」
「ばんたんそにょんたん」
「ナニそれ?」
「防弾少年団」
「あぁ、K-POPね。」
女子大生は、人生の全てを考える基準がK-POPらしい
(((o(*゚▽゚*)o)))
東京ドームでBTS1万円と
後楽園ホールでノア7000円!
‥‥比較する基準がわからない。
わからないからこそ、(解説者つきで)直接観にいってリポート書くのが「ジャーナリズム」の宿題なのだそうだ。
そんなわけで、始発のかがやきで金沢に帰る予定をキャンセルし、大学のリポート宿題を書くためにプロレス観戦する娘の解説役として後楽園ホールへ。

と言った感じで、馳浩さんと娘さんとの仲良しっぷりが分かるエピソードでした。

スポンサーリンク