芸能

林秀彦の結婚歴や元嫁(妻)・冨士眞奈美との離婚理由は?息子は作曲家?

今回は、林秀彦さんの

 

  • 冨士眞奈美さんとの馴れ初めや離婚理由
  • 結婚歴や元お嫁さん(妻)に関する情報
  • 作曲家の息子さんに関する情報

 

などなど…について書きました。

スポンサーリンク

林秀彦と冨士眞奈美との馴れ初めや離婚理由は?

2013年5月27日の「ヨミドクター」の記事にて

冨士眞奈美さんは30代半ばで、山岡久乃さんと共演した時に「女性は子供を持つか持たないか、ちゃんと考えた方がいい」とのアドバイスを受け、忠告でにわかに結婚を意識したそうです。

そして、その頃に身近にいたのが林秀彦さんだそうです。

この頃について

当時は『最終バスに乗らなきゃ』って思ったのね。慌ててバスに駆け込まず、悠々と歩いていれば、違った出会いがあったかもしれないのに

とコメントされています。

冨士眞奈美さんは40歳半ばで、10年間の結婚生活に終止符を打ちました。

林秀彦さんとの結婚生活では、女優の仕事やプロ野球・オペラ・俳句など色々なものから遠ざかってたそうです。

娘さんが生まれ、育てたかけがえのない時ではあったものの、相手の顔色を伺い、自由のない日々はいつしか心の中に鬱屈を育てたそうです。

1974年に結婚した女優業を引退し専業主婦になります。

この時は、不定期にCM出演したり、執筆活動などは続けていました。

そして、娘さんが生まれ、家事と育児への時間が必要になり、女優の仕事や趣味の時間を削り、家事と育児を行ってたそうです。

離婚後、10年ぶりに句会に参加して読んだ句の冒頭

「再独身になった時の解放感」は忘れられない。

だそうです。

ただ、結婚生活により、冨士眞奈美さんは規則正しい暮らしが身に着き、エッセー執筆など家での仕事が増え、深酒をする事もなくなったそうです。

引用:https://search.yahoo.co.jp/amp/s/yomidr.yomiuri.co.jp/article/20130527-OYTEW61894/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

と書かれています。

ちなみに、林秀彦さんと林さんの母親と冨士眞奈美さんとのエピソードを岩崎リズさんが呟かれています。

ちなみに、林秀彦さんはユニークな部分がある方だったそうです。


スポンサーリンク

林秀彦の結婚歴は3回?元嫁(妻)はドイツ人?息子は作曲家?

林秀彦さんの結婚歴は3回になります。

1番目のお嫁さん(妻)はドイツ人になり、その方との間には息子の作曲家の林魏堂(ぎどう)さんがいてます。

林魏堂さんは、1967年8月12日生まれで、「ビリーバーズ」劇中歌「みんなの歌」作曲・「愛なのに」、「性の劇薬」劇中音楽担当されています。

引用:https://twitter.com/5fpQgR4zzhkLo5T

そして、2番目のお嫁さん(妻)は冨士眞奈美さんになります。

さらに、2022年7月22日の「エキサイトニュース」の記事にて、3番目のお嫁さん(妻)について書かれています。

3番目のお嫁さん(妻)とはオーストラリアに住んでたそうです。

そして、冨士眞奈美さんと3番目のお嫁さん(妻)とは仲良しだそうです。

昔、元夫の林秀彦が3番目の奥さん……私と別れて、その後に結婚した女性とオーストラリアに住んでいたとき、巨泉さんから共同馬主にならないかと持ち掛けられたことがあったらしい。
あるとき巨泉さんがその競走馬を使うと、なんと馬が骨折してしまい再起不能に。悲しいことに殺処分することになったそうで、元夫はその処理代半分を負担させられ、その後ずっとこぼしていたと、私と仲がよかった3番目の奥さんから聞いたことがある。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Jprime_24515/

3番目のお嫁さん(妻)と離婚されてるのかどうか?は不明でした。

ちなみに、林秀彦さんが亡くなった時の喪主は長男の林魏堂さんがつとめてるので、もしかしたら3番目のお嫁さん(妻)とは離婚されたのかも?しれませんね。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG22019_S0A121C1000000/

以上が、林秀彦さんに関する記事ですね。

林秀彦(脚本家)の若い頃(昔)の画像は?ハーフ?父親・祖母が凄い!今回は、脚本家・林秀彦さんの プロフィール 経歴や学歴 ハーフなのか? 父親・母親や祖母について ...
スポンサーリンク