芸能

鰐淵晴子の若い頃(昔)の動画は?家系図や妹・朗子は?

今回は、鰐淵晴子さんの

 

  • 若い頃の経歴や動画などについて
  • 家系図や妹・朗子さんについて

 

などなど…について書きました。

スポンサーリンク

鰐淵晴子の家系図や妹は?

鰐淵晴子さんの家系図ですが

  • 母親は、オーストリア・ウィーン出身でハプスブルク家の末裔のベルタさん
  • 父親は、新潟県長岡市生まれのバイオリニストの鰐淵賢舟(けんしゅう)さん

になります。

そして、写真家・タッド若松さんとの間に、娘の鰐淵理沙さんがいてます。

娘さんの理沙さんは、2014年に結婚し、息子さんと娘さんが1人ずついてます。

さらに、鰐淵晴子さんのwikipediaによりますと

1959年の記事にて、オーストリアのウィーンに母方の74歳の祖母・アメリカのロサンゼルスに父方の84歳の祖父がいてると書かれてると紹介されています。

1959年の記事には、「オーストリアのウィーンには母方の祖母(七四歳)、アメリカのロサンゼルスには父方の祖父(八四歳)がいる」と記載されている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B0%90%E6%B7%B5%E6%99%B4%E5%AD%90#cite_note-asahi1960-4

鰐淵晴子さんの妹は、朗子(あきこ)さんになります。

1960年時点で、妹・朗子さんの年齢は13歳でした。

引用:https://blog.goo.ne.jp/hirochan1990/e/c176912a26ace8f942272ebc8680f14e

スポンサーリンク

鰐淵晴子の若い頃(昔)の経歴や動画は?

鰐淵晴子さんは、1945年4月22日に生まれます。

終戦4か月前に疎開先の茨城県内の防空壕の中で生まれたそうです。

3歳から半ばから父親の鰐淵賢舟さんにヴァイオリンを教わります。

6歳で、日比谷公会堂で父親とヴァイオリンを演奏し、同年に「NHKのど自慢大会」に出場し、その後は音楽会・雑誌モデルなどで活動されます。

1952年、7歳の時に映画内でヴァイオリンを弾かせてくれる事を条件に、「母子鶴」で岩尾文子さんの幼少期を演じ子役デビューし、女優として活動をされます。

1953年、8歳の時に全国演奏旅行をし、「天才ヴァイオリニスト」と呼ばれるようになります。

1955年、10歳の時に映画「ノンちゃん雲に乗る」で主演・田代信子役を務め、複数の映画会社が鰐淵晴子さん獲得しようとするも、父親が映画界入りを反対し、音楽に専念されます。

1959年、15歳の時に映画「乙女の祈り」で主演で映画復帰をし、松竹と専属契約を結び、1959年に映画「わかれ」に出演されます。

鰐淵晴子さんは、「原節子の再来」と言われ、1960年に「伊豆の踊子」「明日はいっぱいの果実」「あんみつ姫の武者修行」で映画で主演を務めました。

そして、1961年「狩銃」、1962年「晴子の応援団長」、1963年「丹下左膳」「ローマに咲いた恋」、1964年「二十一歳の父」の映画でヒロインを務めました。

さらに、鰐淵晴子さんはドイツ語と英語堪能だったので、映画「銀嶺の王者」で1956年冬季オリンピックのアルペンで三冠王のオーストリア人で主演のトニー・ザイラーさんの相手役を務めます。

鰐淵晴子さんは、「1960年代前半の松竹を代表するスター」と称される活躍をされています。

こちらは、15歳と17歳と18歳時の鰐淵陽子さんの動画になります。

17歳時の動画では、妹さんと母親も映っています。

ただ、日本映画産業全体が停滞しだした為、デビュー当時程作品に恵まれなくなり、1965年に松竹を退社されます。

その後、1967年 映画「花札渡世」、「眠狂四郎無頼控・魔性の肌」に出演されます。

1968年に服部歊(はっとりのぼる)さんと結婚し、1969年に離婚をされています。

そして、アメリカに渡り、1970年にアメリカで出会った・タッド若松さんが撮影した写真集の「イッピー・ガール・イッピー」を発売します。

この写真集は中々大人っぽい内容で、当時は母親が厳しく映画やドラマでのキスシーンも許してもらえなかったので、母親とは何度も言い合いをされたそうです。

以上が、鰐淵晴子さんに関する記事ですね。

鰐淵晴子の元夫・タッド若松の現在やwikiは?田舎に住んでる?今回は、鰐淵晴子さんの元夫について書きました。 離婚歴や元夫について 元夫・タッド若松さんとの馴れ初め 元...
鰐淵晴子はハーフで父親は?母親はハプスブルク家の末裔?今回は、鰐淵晴子さんの 父親でバイオリニストの鰐淵賢舟さんの経歴やエピソード 母親でオーストリア人のベルタさんの...
スポンサーリンク