芸能

高田敏江の若い頃の画像や経歴は?出身高校・大学は?

今回は、女優・高田敏江さんの

 

  • 若い頃の経歴や画像
  • 出身高校・大学などの学歴

 

などなど…高田敏江さんの若い頃について書きました。

スポンサーリンク

高田敏江の若い頃は?出身高校・大学は?

高田敏江さんは、1935年3月3日 群馬県前橋市生まれで、群馬大学教育学部附属中学・群馬県立前橋女子高校 卒業→日本社会実業大学 中退となります。

大学では児童福祉を学ばれていました。

前橋女子高校は

  • 前橋市の公立高校
  • 明治43年に創立
  • 群馬県トップクラスの進学校
  • 偏差値 68(群馬県4位の学力)
  • たかの友梨さんが出身

と言った感じの高校になります。

ちなみに、高田敏江さんの両親は農家出身だそうです。

スポンサーリンク

高田敏江の若い頃の経歴や画像は?

大学在学中に「話のタネに」と受けた劇団民藝の試験に合格しました。

ちなみに、劇団民藝には1954年~1971年まで所属されていました。

さらに、1953年に東映ニューフェイスに1期生に選ばれ、1954年に高原紀子の芸名でデビューします。

同期(1期生)には、中原ひとみさん・南原宏治さん・山本麟一さんがいてます。

ちなみに、東映ニューフェイスは、映画会社・東映が新たな俳優を発掘するために開催してたオーディションになります。

選出後、俳優座の研究所で6か月の研修を受け、本人の希望・会社の意向で東映東京撮影所か東映京都撮影所に配属され、エキストラなど6か月の修行期間を経て1年の研修が終わると、東映製作の映画やドラマに出演して行くそうです。

そんな高田敏江さんが女優として最も印象に残ってる仕事は、1958年のドラマ「私は貝になりたい」でフランキー堺さん演じる主人公の義理の妹役だそうです。

そして、こちらが高田敏江さんの若い頃の画像になります。

以上が、高田敏江さんの若い頃に関する記事ですね。

高田敏江の子供・息子や旦那(夫)は?相場均の経歴や学歴は?今回は、女優の高田敏江さんの 旦那(夫)の相場均さんについて 息子(子供)や孫について などなど…...
スポンサーリンク