芸能

内山拓也の出身高校は?経歴やwiki風プロフィールは?

今回は、映画監督・内田拓也さんの

 

 

出身高校や

出身地などのwiki風プロフィールや

 

スタイリスト時代などの経歴

 

 

などなど…内田拓也監督について書きました。

スポンサーリンク

内山拓也の出身高校やwiki風プロフィールは?

引用:https://things-niigata.jp/other/uchiyama-takuya/

内田拓也さんの出身高校やwiki風プロフィールですが

 

  • 生年月日:1993年5月30日生まれ
  • 新潟県新潟市旧亀田町出身
  • 演出・映像作家

 

出身高校:2011年新潟県立新津高校卒業

 

King Gun「The hole」、平井堅「#302」のMVを手掛けた

 

新津高校は

  • 偏差値 58
  • 新潟市秋葉区の公立の進学校
  • 普通科のみ、2006年より特進クラスを設置して進学指導により力を入れてる
  • 2015年に東北大学に4人・新潟大学に33人・新潟県立大学に18人の合格者を輩出し、早慶やGMARCHなどの合格者を輩出してる

 

と言った感じの高校になりますね。

 

 

以上が、内山拓也さんの出身高校やwikiになりますね。

スポンサーリンク

内山拓也の経歴は?

引用:https://things-niigata.jp/other/uchiyama-takuya/

内田拓也さんの経歴ですが

 

高校3年まで漠然と「何かやりたい」と言う気持ちはあるものの、それが何かは見つけられなかった

その頃に、仲良しの古着屋の店長のススメで庵野秀明さんの「式日」を見て、服の価値観を一変されて、昔からファッションが好きだったのも影響して、スタイリストを目指し、文化服装学院・スタイリスト科に入学する(2013年卒業)

 

学院時代に、あるスタイリストから「スタイリストになると、食えない・金ない・寝れない。これを乗り越えられるかどうかは才能の有無の話ではない」と言われ

在学中は、費月3000円・睡眠時間2時間生活を続け、睡眠時間を削る為に毎日映画1本以上見る事をノルマにしてて、年間1200本ほどの映画を見てた

 

卒業後、アシスタントの仕事やアルバイトをしててたまたま仕事先が映画の撮影現場で、映画の世界に感銘を受け「映画の現場にいたい」と思う

21歳でスタイリストを辞め、フリーターをしながら映画の世界を目指し、助監督や雑用などの仕事を行ってた

「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督のそばに1年程いて、「映画監督にならなければならない」と言う思いに気付く

 

その後、助監督の話が来ても断る様にし、アルバイトでお金を貯め23歳で初監督作品「ヴァニタス」を撮影し、「PFFアワード2016観客賞」を受賞する

 

その後、中編映画「青い、森」・2020年11月「佐々木・イン・マイマイン」などを監督する

 

以上が、内田拓也さんの経歴に関する記事ですね。

スポンサーリンク